ふぇるまーた2

かたよらず、こだわらず、とらわれず。好奇心のおもむくままにどこまでも。

堂本剛 東大寺LIVE2018 9月15日 プロローグ (開演まで)

東大寺ライブと奈良旅の二日間から無事帰宅しました。しみじみとしあわせな旅となりました。 そのまんま日常に戻り、翌日は母が入院している病院に顔を見に行き・・・ (お蔭さまで、みなさまにたくさんアドバイスをいただき、信頼できる病院に転院して、現在は…

 SAVVY 12月号 奈良特集です!!

ひとつ前の日記にたくさんの反響をありがとうございました!Twitterで、スターで、LINEで、メールで、あちらこちらから「ちょっと何事?」と飛んできてくださった方々には、本当に感謝しかありません。拍手を押してくださったみなさま、拍手コメントをくださ…

 ぐるぐるを止めないで〜♪(…からのポジティヴ!)

ふざけたタイトルにしちゃってごめんなさい。半分照れ隠し。半分本気。中身はそこまでふざけてないはず…多分!?(どう転ぶかわからずに書いてます!笑) 一昨日はフェス欠席のニュースを、たまたま友達とやっとやっと開封したKinKiさんのライブ円盤を見てい…

Life in thie Desert 砂漠に棲む

ここのところの、とてもお気に入りの本を紹介します。Life in the Desert 砂漠に棲む作者: 美奈子アルケトビ出版社/メーカー: 玄光社発売日: 2017/04/08メディア: 大型本この商品を含むブログ (2件) を見る 内容紹介のところには、こんな風に書かれています…

まほろ駅前狂騒曲

まほろ駅前狂騒曲作者: 三浦しをん出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/10/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (27件) を見るシリーズ三作目。作者は三浦しをんさんです。2作目までは出てすぐに買ったのですが、この3作目だけは文庫が出たらにしよう…

  八咫烏シリーズとスナックちどり

昼間は暖かいですが、朝晩が寒いです。そのせいか、まだまだ地元の桜は半分いっていないかも。もちろん日なたか日陰かで差はありますが・・・多分すでに満開とウワサの千鳥ヶ淵から、あっても数十キロくらいの距離だと思うのですが、こんなに咲き方が違うのかし…

 雨ニモマケズ2 「雨ニモマケズ ダレカノタメニ」 &佐藤初女さん

月曜はピアノが休みのはずが、1時間レッスンの振替がふたつも入ってしまい、とても忙しい・・・ と思っていたら、二人目の生徒、例の(笑)幼稚園の先生の子が久々に予定をすっかり忘れ、来なかったのです(沈!)相変わらずたまにこういうことがあります。ここ…

 「炎路を行く者」と「烏に単は似合わない」

今日は書きたいことがいっぱいあるのですが、まずは軽くこれから!!昨夜のMステよかったなぁ〜♡とまだまだ噛みしめてます。 いっぱい見返したいシーンがあるし、いろんなオマケもついて、とってもわたし得なスペシャルでありました。 (多分「つよしさん得…

 ちゃんとする! 

恥ずかしい話ですが・・・昨年末、久々に家計簿をちゃんと年間集計してみたら、思ったよりもお金が出ていくことが判明して、我が家的には今年は家計革命の年にせねば!というムードになってきました。今までも一応家計簿はつけてましたが、日々、支出を書き出す…

今週のこと

さっきカーブスに行ったら、となりで運動していた方々がいかに嵐の櫻井くんがカッコイイかという話をしてらっしゃいました。 「うちのコ、最高!」としきりに話してらして、アイドルでこんなにかっこよくてかわいい子がほかにいるかしらね?絶対いないわよね…

 小田さんのこと。マハさんの本

KinKiさんの記念日の話もまだ書いてないぞ!と思っているし、夕べ聴いたつよしさんのミニアルバムの音源2曲も大興奮で、いっぱい触れたいことがあるのですが、そこへ行く前に、わたしはGWに聴きまくっていたあるアルバムの話を書きます。その話を書いてから…

 うましうるわし奈良の10年

前にも一度貼ったのですが、やっと本が届いたので、再度貼りなおします。☆まずはamazonさん。「うましうるわし奈良」の10年作者: ウェッジ編出版社/メーカー: ウェッジ発売日: 2015/12/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見る…

プロの技 そして 最近読んだ本

ハリーポッターのスネイプ先生役の役者さん、アラン・リックマンさんが亡くなられたと聞き、他の作品での彼はまったく知らないながら、とてもさみしい気持ちになりました。スネイプ先生は、あの長い長い小説の最後まで読むと、ぜ〜んぜん印象が変わります。 …

 近況報告

しばらく間隔が開いてしまいました。 なぜか猛烈にハードスケジュール。どうしちゃったんだろう?という勢いでした(笑)なぜか集中するときって集中するもので、奈良旅あたりからずっと一日たりとも何もない日がなく・・・ たくさんレッスンが入っているか、ど…

  最近のお気に入・・・り!?(笑)

今年はいろいろな発表ごとが早め早めにやってくるのでとても助かります。 恒例のKinKiのコンサートが発表になりました。 ぎりぎりになって慌てなくて済むのはやっぱり気分的にとっても楽。 そもそも今年はちゃんとあるのかしら?と気を揉む間もなく情報が来…

 「わたしが好きなものはわたしが決める!」〜「サラバ」に寄せて〜

サラバ! 上作者: 西加奈子出版社/メーカー: 小学館発売日: 2014/10/29メディア: 単行本この商品を含むブログ (33件) を見るサラバ! 下作者: 西加奈子出版社/メーカー: 小学館発売日: 2014/10/29メディア: 単行本この商品を含むブログ (30件) を見ることわっ…

 共通点はブログ本

今、一番はまっている本は?と問われれば、間違いなく父から送られてきた「親鸞」なのですが、これはまだ先が長いので、うずうずしてるのですが、ここでは触れません(笑) その前に「サラバ」を書けよ!という話ですが、これはまだ満足するように書けないの…

 ごった煮っ記 その1

ここから二つくらいは普通の日記の予定です。 最近のなんやかんやを書いておこうと思います。あんまり更新していないのに、相変わらずたくさん拍手やらスターやら、拍手コメントやらいただいてます。 いつもありがとうございます。拍手コメントのレスは最後…

 本当は怖い?…奈良

ちょっとどっかで読んだグリムとか、そんな雰囲気でタイトルをつけてみましたけど(笑) ここのところ、猛烈にはまっていた本&コミックのご紹介です。時はどちらも奈良時代。 奈良に都があった頃のお話です。そしてどちらの物語も鍵を握る人物が時の権力者…

 近況報告

前の日記をあげたら、ものすごくたくさんの方にコメントやら拍手やら、拍手コメントやらいただきました。 いつも本当にありがとうございます。 こういうのを日記にするのはどうなんだろう?と思って書くのをかなり迷ったのですが、意外とオトートと同じよう…

きみはポラリス

きみはポラリス (新潮文庫)作者: 三浦しをん出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2011/02/26メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 28回この商品を含むブログ (56件) を見る久々に読んだ三浦しをんさんの作品で、これは短編集です。商品の説明のところには、こんな…

 吉野弘さんのこと

まだまだ書きたいことがいっぱいあって、さらに久々の水曜日のお出かけ話についても書きたいのですが、だんだんに整理していきます。まずは時系列に…ということで。ちなみに色が変わっている部分にはリンクが貼ってあります。よかったらクリックしてリンク先…

 やっと回復傾向 そして。

ここ数週間はいろいろとKinKiさん三昧で追いかけても追いかけてもまだまだ番組や雑誌類が控えていて、こんなにしあわせなことはない!!と思いながらへらへらと堪能しておりました。そのわりに日記も書けず、Twitterにもあまり顔を出さなかったのは、なんだ…

 近況報告!

またまた久しぶりになってしまいました。目が覚めた時「鍵のない箱」が頭の中で流れてました。 まだ発売前だし、ろくろく聴いてないのに不思議〜♪ 初めて聴いた時はあんまりピンときてなかったのですが、意外とこれは聴いてるうちに好きになる系かも?と思い…

  吉水快聞さんのこと。みうらさんのこと。そして絵本と命の話など。

ここのところの行動記録です。 とはいっても日月に行ったロケ地巡りのオトナの遠足までは全然たどり着けてません。さらにきのうのこともちょっと書きたいけど、順番に。まずは先週の火曜日、ショコラ嬢と日本橋の高島屋にて、吉水快聞氏の展覧会を見てきまし…

 幻想郵便局

ああ、今夜も堂本兄弟がめっちゃ楽しかった〜♪とテンションが上がった夜。 明日からの1週間も全然笑顔で乗り切れそうな、そんな気がしてきましたよ!日曜日の夜はやっぱりこんな風に楽しく笑って締めくくりたいなぁ。 ちょうど仕事から帰ってきたオットと一…

「深愛」(水樹奈々さん)

深愛 (しんあい)作者: 水樹奈々出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2012/09/12メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るこの本の著者は水樹奈々さんです。彼女の大ファンのオトートに借りて読みました。 読み終わったら感想を聞かせてね〜と何人かの友達に…

 金色の野辺に唄う

金色の野辺に唄う (小学館文庫)作者: あさのあつこ出版社/メーカー: 小学館発売日: 2010/10/06メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 2回この商品を含むブログ (9件) を見るこの本ははてなダイアリー仲間の「ただ有明の月ぞ残れる」のyuraさんが書いてらしたこ…

 最近読んだ本たち。 その1 植物図鑑

うちの娘はずっと前から有川浩さんの本をいっぱい買っては読んでいて「おかあさんもいつでも読んでみなね!」と言ってくれてました。 とはいえ、積ん読があまりにも多いわたしには、常に読みかけの本があって、彼女の本棚にまで手を出す機会がなくて、有川作…

 ふつうからマックスへ。マックスからまた普通へ。

いつもながらほんとに日記ですみません。 今日も今日とて超ごった煮です。書ける時にとりあえず手をつけよう・・・的な感じですみませぬ。 しばらくこんな感じかもです。 例によって長くなりそうなので、「続きを読む」を入れておきます。